10月21日、生活クラブ生協支部の県労委勝利的和解報告会を、本部事務所1階のイサベラで開催しました。労働側委員の水谷さん、穂積弁護士を始め、この間ご支援いただいた組合員の方々に参集いただき、争議解決の報告を行うことができました。

 今回の争議は生協の労働組合忌避の姿勢を弾劾し、労使が誠実に協議を行って働く条件を決める、という当たり前の権利を再確認するものでした。組合結成後30年を経て、未だこんな争いをせざるを得なかったというのは、私達の力量不足を示すものほかなりませんが、労使間の争いには終わりはありません。安心して働き続けられる職場作りのために、皆さんと共に頑張ります。
2017年11月14日 全国一般神奈川機関紙