生活クラブ生協は、「事務局情報第34号」に以下の文を掲載しましたが、他の記事に紛れていて、目立たなかったので、このブログに掲載して報告いたします。

*****************************************

◎労働委員会で和解が成立しました。
「事務局情報第27号」(2015年11月27日発行)37頁に掲載した「全国一般労働組合全国協議会神奈川生活クラブ生協支部の10月21日版『労働組合ニュース』への抗議と生活クラブ理事会としての見解 2015年11月26日 常務理事安部裕子」名の記事(以下「本件記事」という。)に対し、「全国一般労働組合全国協議会神奈川生活クラブ生協支部」は、2015年12月11日付「生活クラブ労組ニュース」における、「『事務局情報』第27号掲載記事への労働組合からの弁明」で反論した上で、本件記事の表現が、労働組合法第7条第3号の禁ずる不当労働行為であるとして、2016年3月14日、神奈川県労働委員会に不当労働行為救済申立てを行いました。
 今般、2017年8月28日、同労働委員会において、生協は、本件紛争が生じたことについて遺憾の意を表明し、組合員の人事異動について事前に通知すること及びその方法に関する合意、その他労使問題について、双方が継続して誠実に協議することを含めた和解が成立したことを鑑み、本件記事を取り消すことといたします。