生活クラブ生協 労働組合のブログ

生活クラブ神奈川の職員で構成されている労働組合【全国一般労働組合全国協議会神奈川生活クラブ生協支部】のブログです

カテゴリ: ニュース

期末一時金は、支給ヶ月をもとに、MBO人事制度による自分の評価と原資係数を掛け合わせた額が支給されます。職員の方々には、生協の言い値で決められた一時金の額について、何も言わず支給される額をそのまま受け取っている人たちも多いと思いますが、黙っていると、全体の賃金総額は縮小され、その結果、一人一人の手にする賃金は低額に抑えられるばかりです。成果主義の賃金制度(MBO)では、賃金は安く買い叩かれてしまう、そんな一面が今回の期末一時金からも垣間見られたりしています。2017年度の組合員の拡大は2000人を超え、供給高の実績も前年とほとんど変わらないにも関わらず、今回の期末一時金は、0.5ヶ月という低額回答を生協はしてきました。その後、0.52ヶ月とわずかな上乗せ回答をしましたが、今までと比しても低額回答と言わざるを得ません。今回の期末一時金の生協の回答について、以下で問題点を見ていきたいと思います。

1.  支給総額は、昨年の半分!

昨年の期末一時金の支給総額(0.7ヶ月)は6,889万円であるのに対して、今年はその額の半分ほどでしかない3,486万円(0.5ヶ月)と生協は一次回答をしました。その後0.52ヶ月と上積み回答をしましたが、わずか約139万円の上積み回答がされたに過ぎません。職員の働きにより昨年と同じくらいの拡大実績(カンブリア効果により最終的には昨年を超えているかもしれません)があったにも関わらず、職員の働きをまるで評価しない回答がされているといえます。

2.  今まで0.5ヶ月は拡大実績がマイナスの年だけ!

二次回答で、わずかな上乗せがされたと言うものの、生協の最初の回答は0.5ヶ月と最低ラインのものでした。0.5ヶ月というのは、過去10年において拡大実績がマイナスの年だけです。拡大実績が46人の2011年度でも0.55ヶ月です。2000人以上の拡大があったにも関わらず、最低ラインの一次回答というのは、賃金を安く買い叩こうという生協の意思が見られる極めて不誠実な回答と言わざるを得ません。

.評価分布がほぼ同じなのに支給総額が抑えられている!

2017年度の職員一人一人の評価分布は昨年とほぼ変わりありません。ということは、職員一人一人の働きにより同じような経営実績が結果として出されたにも関わらず、賃金ばかりが極めて低く抑えられているといえます。生協の回答は、根拠なく職員の労働力を安く買い叩いていると言わざるを得ません。

やっぱりMBOは成果主義。反対の声を強めていきましょう!

 MBO人事制度のような成果主義賃金制度は、賃金総額(パイ)の大きさを縮小しながら、労働者同士を競争させて、自分が多くのパイを手にするには、他人のパイを少なくする=奪い合いをすることを構造化させた賃金制度です。個々の人たちは自分の評価ばかりに目がいきがちかもしれませんが、総じて見れば、今回の期末一時金のように全体のパイは縮小され、賃金は低く抑えられることになります。このような非協同組合的なMBO人事制度に対し、私たちの労働組合に集結して、反対の声を上げていきましょう。

先の労働委員会での和解協定以降、初めてとなる私たち全国一般の労働組合員に対する人事異動の協議が行われました。

 

配送センターのA組合員に対する人事異動案が、11/6付で生協から労働組合に対し書面で通知されました。労働組合はその内容を本人に伝え、その後、所属長から本人に対し異動内容や時期、趣旨の説明が行われました。

本人と労働組合は、所属長との1対1のやり取りでの確認だけでなく、異動後の労働条件を含む今回の人事異動案について、団体交渉での事前協議による確認が必要と考え、11/15付で事前協議開催の申入れを行いました。

11/22に団体交渉が行われ、冒頭、Aさん本人から、異動案を受け入れる条件として、3人の子育てを配偶者と協力して行う必要があることから、①F勤務は週1回を限度としてほしい、②土日出勤は月1回を限度としてほしい、③リニューアルが予定されているデポーの組織担当への異動は難しいことを伝えました。

①、②については業務の必要に応じて人員体制の調整が必要だが、本人の意向を踏まえて調整時には「配慮する」ことが確認されました。また、③については、今回の異動とは別の事柄であり、仮に今後その業務への選任を考える場合は、労働組合と改めて協議を行うことを確認することができました。

 

私たち全国一般労働組合の組合員は、最初の人事異動案の通知を、直接、所属長から受けるのではなく、労働組合への書面通知によって組合から本人に伝えます。人事異動案を受け入れるかどうか、異動先の労働条件はどうなるのか、等について、労働組合からの協議申入れによって内示が決定される前に「事前協議」を行うことができます。

もうすぐ定期人事異動の時期ですが、人事異動について困りごとや相談事がありましたら、以下の執行部メンバーにお気軽に連絡下さい。

労組ニュース:県労委和解協定以降 初の異動協議が行われました

10月21日、生活クラブ生協支部の県労委勝利的和解報告会を、本部事務所1階のイサベラで開催しました。労働側委員の水谷さん、穂積弁護士を始め、この間ご支援いただいた組合員の方々に参集いただき、争議解決の報告を行うことができました。

 今回の争議は生協の労働組合忌避の姿勢を弾劾し、労使が誠実に協議を行って働く条件を決める、という当たり前の権利を再確認するものでした。組合結成後30年を経て、未だこんな争いをせざるを得なかったというのは、私達の力量不足を示すものほかなりませんが、労使間の争いには終わりはありません。安心して働き続けられる職場作りのために、皆さんと共に頑張ります。
2017年11月14日 全国一般神奈川機関紙

昨年の3月に労働委員会に救済申し立てを行った当支部の不当労争議は、皆さんの支援のおかげで、8月28日に和解協定の締結に至りました。今回の申立事項は、人事異動に関する事前協議協定違反と、社内報に、組合が発行したニュースの内容が事実無根であり、生協に対する名誉毀損にあたる、などと強い口調で組合を非難した記事を掲載するという支配介入の2点でした。締結していた協定は、慣例化していた組合への事前通知および協議を厳密にルール化したこと、また、次回発行の社内報で、今回の争議に至ったことに生協が遺憾の意を示し組合を批判した当該記事を取り消すなど、組合の主張がほぼ全面的に認められた内容となりました。

 今回の件では、多数派組合と生協が結託した少数派組合攻撃という背景が明らかになりましたが、勝利的和解を勝ち取ったことで、使用者に対してものを言う組合としての存在意義を今後職場で高めていく所存です。

 穂積弁護士や水谷委員のご尽力、また全国一般神奈川はじめ県共闘の皆さんに多大なご支援を頂いたことに感謝いたします。ありがとうございました。

2017年9月12日 全国一般神奈川機関紙

昨年3月に神奈川県労働委員会に救済申立てを行った、生活クラブ理事会による労働組合攻撃(不当労働行為)をめぐる争いは、先日828日、労働委員会で和解協定書の締結に至りました。

今回の申立ては、人事異動(労働条件の変更)に関する事前協議条項違反と、「事務局情報」(20151127日発行)に、労働組合が発行したニュースの内容は事実無根であり、生協に対する名誉棄損にあたるなどと強い口調で組合を非難した記事を掲載したことが、労働組合に対する「不誠実団交」「支配介入」にあたるかどうかが争われた事件でした。今回の和解により締結した協定は、従来から慣例化していた労働組合への内示案の事前通知と事前協議を改めて厳密にルール化し、「事務局情報」最新号で、生協が本件紛争が生じたことに対して「遺憾の意」を表明し、労働組合を批判した先の記事を取り消す記事を掲載することを確認するなど、私たち労働組合側の主張がほぼ全面的に認められる内容となりました。

 今回の事件では、生協が私たち労働組合の存在を疎み、組合に対して従来行われていた人事異動の内示案の事前通知を今後は行わないと一方的に主張し、16年度から実際に強行したこと、「事務局情報」紙面に、安部常務の署名で「職員は組合員と共に生活クラブをつくる主体であり当事者です。」「問題解決は一方的に要求するものではなく、共に価値と質を作り出すものです。」と記載して、あたかも私たち労働組合が「一方的な要求」だけを行い、「共につくり続ける取り組み」を阻害しているかのような悪印象をつくりあげ、労働組合活動そのものを攻撃したことの不当性が社会的にも明らかとなり、生協はこれらの行為を事実上、撤回したことになります。

 

 私たちは自らの生計を立てるために働き続けなければならない存在であり、一方で生協も雇用労働なしには1日も存続できない事業体です。生協運動の理念を実現するためには、労働基準法や労働組合法などの労働法規を軽視してよいという論理はもはや通用しません。逆に、生協は雇用労働のあり方を巡る労使間の不断の話し合いを通じて、その「社会性」を獲得していく存在であると言えるのではないでしょうか。私たち労働組合は、何も自分たちの権利だけを主張して、生活クラブの足を引っ張ろうとしているわけではありません。理事会と労働組合が対等な話し合いによって、生協における働き方のルールを決定していく関係性を築くことこそが、働く者の安全・健康な職場環境を保障し、「サステイナブル(持続可能)な」生活クラブを作ることにつながると考えています。

 労働組合は、雇用された、立場を等しくする労働者が、協同することで、自らの働く条件を決定するプロセスに関与し、自分たちの手で問題解決を図ろうとする組織です。生協もまた、生活者・市民、生産者が協同して生産・消費のあり方を変えようとする社会運動の側面を持っていますが、そこで働く労働者が、自らの働く条件を不問に付したまま社会のあり方を変えることなど出来るでしょうか?「共に価値と質を作り出す」ために、改めて労働組合への結集を呼びかけます。

労組ニュース 不当労働行為救済申し立て 和解により解決しました!



昨年6月16日に行われた、生活クラブ生活協同組合神奈川の通常総代会前での行動で使用したビラです。
総代会配布ビラ 生活クラブは労働組合攻撃を止めろ!生活クラブで働く人も「サステイナブルなひと」に


生活クラブは、労働組合攻撃をやめろ!
 

 

総代会に参加の生活クラブ組合員の皆さん、ならびに地域の皆さん

私たちは、生活クラブ神奈川で働く職員の労働組合です。1988年の結成以来、「安心して健康に働き続けていける生活クラブ」をつくるために活動を続けてきました。この間、サービス残業問題や配転、雇止め、成果主義賃金導入の是非などをめぐり、理事会と交渉を続けてきましたが、2014年度、新たに理事会の労組担当者として安部常務が就任した頃から、生活クラブの私たち労働組合に対する攻撃が激しくなりました。

私たちは、現在、止むに已まれず、生活クラブを相手に、神奈川県労働委員会に「不当労働行為救済申し立て」を行っています。安部常務は、交渉の中で、事あるごとに「自分たちは生協組合員から負託を受けている」と主張しています。生活クラブの主権者である皆さんに、今、生活クラブで起きていることを知っていただくために、このチラシを配布しています。

 

配置転換に関する労使間の「事前協議」を一方的に廃止

従来は理事会が労働組合に対して人事異動の内示案を示し、労働組合が個々の組合員に内示案を伝え、本人の意向をもとに一括して生協に回答を行い、内示案に応じられない事情がある場合や、配転先の労働条件について話し合いが必要な場合、内示前に事前協議が行われていました。

ところが2014年、生活クラブ理事会が、それまで労使協定に基づき長年続いてきた事前協議を突然止めると通告し、今年から実際に事前協議をしないまま内示・辞令交付が強行されるという事態が発生しました。異動内示案は、上司から個々の組合員に直接、本人の同意を必要としない「命令」として通知されることになり、労働組合から申入れがあった場合のみ交渉に応じる、という形態への一方的変更が同意無しに行われました。

今年度の配転に際して、上司からの通知を受けた組合員が「回答は労働組合を通して行いたい」と答えたことに対して、理事会は、これを「経営権の侵害」、「業務執行権を妨害する行為」という激しい言葉で非難し、労働組合に抗議文を突きつけるようなことまで行っています。これは、一人では弱い立場の労働者が協同する「アソシエーション」である労働組合の存在意義を否定し、個々の労働組合員をバラバラにした上で分断支配しようとする「支配介入」、「団交拒否」に他なりません。

 

生活クラブで働く人も「サステイナブルなひと」に

職場内外に配布される広報紙に労働組合批判記事を掲載

2015年11月には、生協の発行する広報誌「事務局情報」に、私たち労働組合が発行したニュースについて、「事実に基づかない誹謗中傷」、「名誉棄損と侮辱にあたる」等極めて大げさな表現を使いながら、「問題解決は一方的に要求するものではなく、共に価値と質を作り出すものです」と記載して、あたかも私たち労働組合が「共につくり続ける取り組み」を阻害しているかのようなネガティブキャンペーンが行われました。

私たち労働組合が発行したニュースは、子育て環境の整備に向けた生協の策定計画を受けて、同時期に生活クラブ連合会レベルで検討が進められ、埼玉や千葉単協で既に実施されていた「1日の労働時間の延長」との矛盾点や問題点を取り上げたものでしたが、生協は私たちのニュースの具体的内容には全く触れずに、労働組合を一方的に非難し、私たちの反論記事掲載要求も拒否しました。こうした行為も、労働組合の弱体化を意図した「支配介入」と考えざるを得ません。

労働組合に対する露骨で悪質な支配介入を止めてください

これら以外にも、2014年以降、私たち労働組合員だけを狙い打ちするかのように、1人の労働組合員を複数の上司で取り囲む面接を業務命令として強要するなど、生活クラブ理事会による「見せしめ」的な労働組合攻撃が行われています。

「サステイナブルなひと」をスローガンに、安全・健康・環境に配慮した持続可能な生活のあり方を社会に発信している生活クラブが行っている、今回のような露骨で低劣な労働組合への攻撃を許すことはできません。安部常務は、労働組合を、何か生活クラブの事業・運動を妨害する不穏分子のようなものと規定し、その弱体化を意図した行為を直ちに止めるべきです。本人が止めないのなら、主権者である組合員の皆さんがこうした憲法、労組法に反する暴走行為を止めさせるべきではないでしょうか。

6月16日総代会に参加された組合員や生協運動に関心をお持ちの地域の皆さん、今後の労働委員会の審議の推移を見守り、生活クラブ理事会に対して、露骨で悪質な労働組合攻撃を止め、働く人との民主的な関係を築いていくよう、私たちとともに声を挙げて下さい。

是非、労働委員会の傍聴に来てください。次回は7月4日(月)午後6時から、第2回調査が行われます。(かながわ労働プラザ・石川町)

 

◆私たち労働組合が目指してきたこと、めざしていくこと。

① 安心して健康に働き続けられる、サステイナブルな職場。

② 命令-服従関係の中で、一方的に決定を押し付けるのではなく

労働組合、働く人との対等な話し合いによる民主的な職場運営

③ 差別・排除・いじめのない、多様性を認め合える関係性

④ 競争的個人主義的賃金ではなく生活保障を重視した賃金体系

⑤ 生活協同組合におけるディーセントワーク(働きがいのある

人間らしい仕事)の実現

↑このページのトップヘ